片側顔面痙攣の原因

スポンサードリンク
片側顔面痙攣の原因は、脳の中の神経が動脈硬化などで硬くなった動脈が接触して、その拍動により神経が刺激されて起こるといわれています。

動脈硬化に関してはこちらでご確認ください。

>>>動脈硬化

さらにストレスなどを感じると、その症状は増大するといわれています。

何らかの原因により神経に動脈が触れることにより、それが悪さして顔面の痙攣を起こさせているのは分かるのですが、どのようなことをしていると片側顔面痙攣が起こりやすいのかという意味での原因は、まだ分かっていないようです。

自分の意思とは関係なく、無意識に眼の周りの筋肉が動くのですから本当に厄介だと思います。

何かを受診?

神経内科や脳神経外科での診察が一般的です。

神経内科では手術は行いませんので、手術をされるのであれば脳神経外科になります。

手術は血管減圧術になります。

血管減圧術については「埼玉医科大学」のサイトをご覧ください。

圧迫している様子と手術後の様子はこのようになっています。



「A」が横の白子のような部分(神経)にくっついている(触れている)。

「T」は人工の繊維で出来たテープで血管を絡めて神経から離した状態。

画像は脳神経外科疾患情報ページのものです。
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。