片側顔面痙攣について

スポンサードリンク
片側顔面痙攣の色々な情報を集めてみました。

【男女比】
1:2
女性の方が多いといわれているが、それは女性が顔に関して敏感なため、男性よりも女性が受診する確立が高いからとも言われています。

【発症年齢】
40歳以降に起こりやすい。

【治療法】
内服薬(てんかんなどの薬)
ボツリヌス・ボトックス療法
手術

【発症人口】
男7人/10万人
女14人/10万人

【原因】
こちらをご覧ください。

【手術の有効率】
手術により完全に治癒する可能性は80%程。
ただ手術直後に痙攣が治まるのを有効率だと考えると%はもっと低くなる。
なぜなら経過には個人差があるため、徐々に痙攣が弱くなっていくことも普通にある。
圧迫している血管を離すことに成功しても、神経が長期間の圧迫で過敏になっているため、一概に完治するとはいえない。
ただ、血管を神経から離すということを手術の成功と考えるのであれば、90%を超えるといわれている。
片側顔面痙攣の手術をしている病院によって差があるため、あくまでも予想数値です。
中には、100%手術に成功している医者もいます。
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。