次男の思い

スポンサードリンク
ドキドキでしたね。

手術の時間が予想よりも延びたので、かなりドキドキしましたね。

もしかしたらという思いが、頭をよぎったのを否定することは出来ません。

手術したことを後悔することに、もしかしたらなるかもしれない。

それを前提で、手術をするかどうかを判断しないとは頭で分かってたつもりだったのですが、まさかの事態って、自分の中で全然分かっていなかったんですね。

だから手術が1時間延びただけで、あたふたしてしまったのかもしれません。

手術が延びるなら説明してもらいたいのですが、現場はそうもいかないのでしょうね。

家族としては1分過ぎた時点で、なんらかのトラブルが起きたと、悪いほうに考えてしまいます。

そこのケアもしてくれればいいのにと思いますね。

これからは、退院した後の父の態度が問題ですよ。

ストレスも痙攣を誘発するわけですから、ストレスは与えないようにしてもらいたい。

気に入らない発言をしたときには、しっかりと母を守ってあげたいと思うのですが、同居しているわけではないので、それも不可能。

釘を刺しておくしかありません。

とにかく手術による悪化は無いわけですから、成功といえば成功なのでしょうが、もう少し回復してくれても良い気がしますね。

まだ手術が終わって12日目ですから、これから、もっともっと改善する可能性はあるのですが。
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。