手術後2ヶ月

スポンサードリンク
片側顔面痙攣の手術を終えて、徐々に、日常を取り戻している母。

今日は、かなり調子が良かったので、草をむしったり、庭に花を植えたりの作業をしていたようです。

本当に調子が良かったみたいで、下を向きながらの作業を、休まずに3時間くらい行っていたようなんですが、その夜、ものすごい疲労と頭重感に襲われたんです。


なんかすごく、調子が悪いのよね~。


どうしたの?


下ばかり向いていたからか、頭の痛みがすごいのよ。首もだるいし。休み休みすればよかったのかしらね。


そうかもしれないね。でも大丈夫だよ。今日作業するまでは調子が良かったんだから、1日休めば、元に戻るよ。


そうだといいんだけど。また、最初のころみたいになるんじゃないかと思ってね。


それは絶対になって!大丈夫だって!

とやりとりがありました。

母の「最初のころみたいになるんじゃないかと思ってね」という言葉…。

よほど、最初のころは苦しくて、二度と味わいたくない体験なんだなと、改めて、感じましたね。

大分調子は良くても、ほんの些細なことで、また調子を崩してしまう。

病気って、本当に厄介ですね。

片側顔面痙攣の手術自体はうまくいったけど、予後の状態は、人それぞれ。

でも、手術前と比べると、笑顔もめちゃめちゃ見られるし、明るくなったので、良かったとも思えるんですが。

そういえば、最近は薬(鎮痛剤や眠剤)を飲む回数が減ったようですね。

毎日飲まなくちゃいけなかった眠剤も、少しずつ、飲まなくていいようになっているようです。

もちろん、今日は、飲まなくちゃ寝れないですが。
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。