手術後1年

スポンサードリンク
片側顔面痙攣の手術を母が終えて、もう1年が経ちました。

母は、たまに頭痛を訴えることがあります。

猛烈な頭痛ではないのですが、完全に片側顔面痙攣から解き放たれたわけでは無いですし、考えようによっては、頭痛は手術をしたからこそおこっている症状なのではと思えるわけです。


もしも手術をしなければ、右の目の横のピクピク、右顔面の痙攣、唇から目のところが引きつる感じは続いていたとしても、頭痛は無かったのでは…。

そのような後悔の念に駆られることもあるんですよね。

もちろん、それが煩わしかったからこそ手術をしたわけで、ピクピク自体は、強度のストレスを感じなければ発生しない状態が続いているわけですから、成功ともいえるのですが。

毎回書いているようにも思うのですが、手術をした以上は完治を求めてしまいがちです。

が、どうしても後遺症というか、予後不良というのは生じてしまう可能性があるということだけは、頭の片隅に入れておいたほうが良いような気がします。

あまりにも期待しすぎると、その期待が大きければ大きいほど、落胆してしまいますよね。

それは本人をはじめ、家族も身内も同様です。

もちろん完治に越したことは無いのですが…。

前にも少し書いたのですが、手術をすると決まったときに必要なことが一つあります。

それは、限度額認定証を発行してもらうことです。


限度額適用認定証

高額療養費を後から申請しようと思ったら、退院の時には全額負担になります。

高額療養費とは、簡単に書くと8万円を超える入院料は免除されるというシステムなのですが、退院するときまでに限度額適用認定証を発行してもらって無いと、先ほども書いたように、退院のときに、8万を超える診療費も負担しなければなりません。


例えばですが、後から申請しようと思って手続きをしないまま入院して退院すると、ウン十万を払わなければいけません。

それが普通に払えれば良いのですが(後から申請すれば差額分は返ってきますので)、立替るのも大変な場合もありますよね。

そのときに立て替えずに、80100円+食事代で済むようにするのが、限度額適用認定証なんです。

詳しいことはこちらのページで確認してくださいね。

⇒限度額認定証とは
⇒高額療養費とは

そして記入の仕方などは、手術をしようと思っている病院で聞いてくださいね。

親切な病院なら部屋に連れて行かれて、そこで一緒に必要な箇所の記入をしてくれます。

申請書は病院にもありますし、サイト様からダウンロードすることも出来ますよ。

ただ、不備があると書類を送付しても送り返されてくる可能性があるので、退院に間に合わない可能性もあります。

入っている健康保険の種類によって、提出する場所が異なったりします。

ですから、できたら手術をする病院の窓口で確認をして、担当者の人に一緒に書いてもらうのが良いと思います。

そうすれば間違いありませんから。
スポンサード リンク

コメント

1■限度額

一番の心配は、いくら?かかるの?でした。これで、安心して、手術受けられます。お母様今は、お元気かと存じます。ご家族の皆様、ご縁に感謝申し上げます。元気が、でました。ありがとうございます

2■Re: 限度額

>猫大好きさん
コメントありがとうございます。
私も入院料っていくらかかるのだろうと、すごく心配していました。
高額療養費というものがあることを知った時、非常に驚いた記憶があります。
いくらかかっても8万円以上は請求されないってすごいですよね(厳密には食事代が加算されますが)。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。