片側顔面痙攣の手術後5日目

スポンサードリンク
今日は朝から採血を行ったそうです。

このデータがよければ点滴が抜かれるということでした。

さらにデータがよければ洗髪もしてくれるということでした。

そして採血の結果は良かったらしく、点滴を抜かれました。

薬による治療はなくなったってことですね。

しばらくすると看護師さんが「頭を洗いましょうか?」と訪室。

母はお願いしますと言い浴場へ向かいました。

終わった後は母一言…。

「疲れた~~」

前屈みになる姿勢での洗髪だったので相当疲れたようですね。

美容院のように椅子に座ったまま、寝るような姿勢で洗うのをイメージしていたのかもしれませんが、そんな設備は当然病院には無いですよね。

そして一言、相当きつかったようで失敗したと苦笑いしてました。



頭の痛みは軽減していて、薬がなくてもほとんど感じなくなってきているようですが、頭の中の痛みが無くなってきたら、切った部分(右耳の後ろ)が痛くなってきたと言っていましたが、最初のころの頭の中の痛みと比べると屁でも無いようです。

右眼の痙攣(ピクピク・ピクツキ)は時折出現していますが、格段に回数が減っているのは明らかではありましたが、右口角がだらんとしているような感じや、少し瞬きがしづらい感じが私はしたのです。

そしてふと「家族への病状説明は無いのかな」と思い看護師に聞いてみると、「担当医は今日は休みなので明日以降で日にちや時間で都合がいい日を言ってください。」とのことでした。

「では明日の6時」と告げると「担当医に伝えておきます」ということでした。

手術後の説明って手術が終わった当日、30秒くらい『手術が無事成功したこと』と『予想以上に神経に動脈が絡んでいた』ということだけ。

そんなものなのかな…。

でも私たち家族はしっかりと先生の口から経過について聞きたかったんですよね。
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。